パンストの選び方と種類

パンスト選び 選び方

ビジネスシーンやフォーマルシーンなどで、女性がよく活用するものとしてパンストが挙げられます。
ビジネスやフォーマルなどの活用シーンでは、身だしなみに気を使うことが多く、パンストは履くことで足元を一層美しく見せることができる重要なアイテムの一つです。

一言でパンストといっても近年では様々な種類のものが開発されています。
伝染しにくいものや足が疲れないように5本指仕様となっているもの、むくみが軽減されるようにと配慮されている段階着圧タイプなど様々です。

女性は足に様々な悩みを持つ人が多く、これらの悩みに対応した豊富な種類のパンストが開発されているといえるでしょう。

身長とヒップサイズを参考にして選ぶ

このような豊富な種類の中からどのように選べばよいのかわからないという人も多いかもしれませんが、適切な選び方は自分の悩みに対応しているものを選ぶことです。

日ごろ疲れが気になるようであれば、足が疲れにくい5本指仕様のものや、足のむくみが気になっているのであれば着圧タイプなどのように、目的別に選ぶのが望ましいと言えるでしょう。

さらにはサイズ選びで悩む人もいるかもしれませんが、パンストのサイズを選ぶ際には、身長とヒップサイズを参考にして選ぶことになります。
毎年職場などで健康診断が行われるようであれば、その際に身長の数字を確認してメモしておくとよいでしょう。

ヒップサイズは自分でも簡単にメジャーを使って測定することができます。
鏡の前にまっすぐに立ち、腰の膨らんでいる一番大きい部分の周囲を測ります。
サイズの表を見るとわかりますが、メーカーにより若干の異なりが見られます。

しかし多くの場合はMからL、LからLLなどのような表示がなされていることでしょう。
自分のサイズをしっかりと確認し、メーカーごとに自分がどのサイズに当てはまるのかをチェックして選ぶようにします。

自分の素肌に一番近い色を選ぶこと

次に色の選び方で悩む人も多いことでしょう。
基本的には自分の素肌に一番近い色を選ぶことが基本です。

実際に商品を購入しに行くと、多くの場合、色の見本が置いてあるため、その見本を使って確認しましょう。
見本に自分の腕を通して、腕の内側の部分とその色が合うかどうかをチェックします。

人間の腕の内側は脚の色に一番近いと言われています。
近年ではインターネットで購入する人も多いですが、その際には商品ごとに色見本が掲載されているのでそれをチェックします。

写真撮影のために購入する場合には、素肌よりも一段階暗い色を選ぶことによって、足が細く見えます。
選び方で重要となるものが色ですが、もしも素肌感を求めるのであれば、一番は素肌に近い色を選ぶのが最適です。

白っぽいものを選ぶと脚が太く見えてしまう

ここで注意したいこととして、自分の素肌よりも薄い色のものを選んでしまった場合が挙げられます。
素肌よりも白っぽい色を選んでしまうと脚が太く見えてしまう可能性が考えられます。

万が一どの色を選べばよいかわからないと思った時や、できるだけ細く見せたいと思ったときには、素肌よりも一段階濃いめの色を選んでおくと安心です。

またTPOに合わせて着用する洋服で選ぶこともあります。
冠婚葬祭で着用するときに、喪服に合わせる場合には黒が一般的となっています。
反対に結婚式などの華やかなドレスを着用する場合には、ドレスの色に合わせて選ぶようにしましょう。

むくみが気になるなら着圧タイプを選ぶ

中にはできるだけ脚が細く見えるようなものを選びたいと思う人もいることでしょう。
1日中履いていることによって、夕方ごろになるとむくみに悩まされる女性は多いものです。

足がむくむとだるさを感じることはもちろんですが、脚が太く見えてしまう可能性も出てきます。
このような場合には着圧タイプのものを選ぶのが一つの手段です。

着圧タイプであれば引き締め効果が期待でき、夕方でもすっきりとした脚を維持しやすくなります。
近年では足首やふくらはぎ、太ももなどと部位に応じて引き締めの強さが異なる商品も販売されているので、このようなものを選んでみるのもよいでしょう。

また中にはシャドウ編みと呼ばれる特殊な編み方でつくられているものもあります。
シャドウ編みでつくられているものは、脚を細く見せる効果が期待できるでしょう。

脚の輪郭にグラデーションがかかっているので、視覚的にも細く見えやすくなります。
脚の太さに悩んでいるけれども、見た目で細く見えるような商品を選ぶことにより、自分自身の脚に自信を持つきっかけにもなるかもしれません。

まとめ

このようにパンストを選ぶうえで、さまざまなポイントに注意することがわかります。
一番は体にフィットしたものを選ぶことが大切なので、やはりサイズ選びが重要となります。

さらにはどのようなシーンで使用するのか、その状況や服装なども確認し、それに見合った色合いを選択することにより、自分の脚を魅力的に見せることができます。
数ある種類の中からより良い1足を見つけることによって、自分に自信を持って出かけることができるかもしれません。

この記事を書いた人
パンスト研究所

パンストをこよなく愛する、パンストフェチ歴35年の中年親父です。最近、少しおっぱいに興味が出てきており、パンストフェチ度合いが薄まらないか心配しております。

パンスト研究所をフォローする
選び方
パンスト研究所をフォローする
【パンスト研究所】ストッキングに包まれたお尻と太ももを妄想する
タイトルとURLをコピーしました