パンストの素材の特徴やメリット

普段パンストを選ぶときには何気なく選んでいると言う人も少なくありません。気にするのは色とサイズだけと言う人も多いものですが、実は様々な種類があり、その種類によって足の見え方も大きく異なってくるので知っておくと便利です。

さらに履き心地などもそれぞれ異なるので、特に長時間履くことが多い場合にはその効果が大きく異なることも少なくありません。そのためこれらの種類とその効果を知っておくと、非常に便利なものとなるのです。

 

パンストの素材の特徴やメリットを知っておく

最近では非常に効果の高い素材を使用したものが比較的安い価格で販売されていたり、また新たな素材を上手に利用したものも開発されるようになっています。そのためこれらの素材の特徴や、メリットなどを知っておくと非常に便利な利用をすることができます。

パンストは毎日使用するものであるため、このようなポイントを十分に知っておくだけで、毎日の生活が非常に豊かなものになると考えられるのです。

関連リンク:ストッキング選びの基礎知識

 

SCY(シングルカバーヤーン)

最近ではSCYと言う素材が使われることも多くなっています。SCYはシングルカバーヤーンとも言われるもので、伸縮性の高いポリウレタンの糸にナイロンの素材の糸を一重に巻き付けたものとなっており、この繊維を使って作られたものを指します。

非常に細い糸となるため素材が薄く、柔らかい印象を与えるためにすっきりとした履き心地となっており、夏場などは涼しく快適に過ごすことができるのが特長です。素足に近い感覚を持ちたいと言う人にとっては非常に便利な素材となっています。

 

ハイゲージ編み

さらに柔らかくすっきりとした履き心地を求めたい場合には、ハイゲージ編みがあります。これは通常のものに比べて網目の密度が細く織り上げているもので、非常にきめ細かい感触を得ることができるのが特長となっています。

素材は通常のパンストと同じものを使用しているのでそれほど価格も高額ではなく、比較的手に入れやすいものとなっているのですが、その質感は全く異なるものとなるので、得をした気分になれるものでもあります。

さらにこのハイゲージ編みの場合には色ムラが出にくいと言うメリットもあり、足をきれいに見せてくれるという効果も期待できます。そのため、様々な場面で利用できるものとなっているのです。

 

ゾッキタイプ・DCY

また長時間仕事などで着用するために伝線などが心配と言う場合には、ゾッキタイプやDCYが非常に向いています。

ゾッキタイプは厚手になってしまうため多少履き心地が悪くなってしまうと言う欠点はありますが、サポート糸で編み上げられているために非常に丈夫で伸縮性も高いのが特長です。そのため様々な動きにも柔軟に追従することができ、耐久性が高いのが特徴となっています。

DCYはダブルカバリングヤーンとも呼ばれ、伸縮性の高いポリウレタンの糸にナイロン糸を二重に巻きつけているものであるため、フィット感と耐久性が高いのがポイントとなっています。さらに耐久性を重視する場合には融着糸を利用しているものや、つま先が補強されているものも非常に効果があります。

融着糸は万が一伝線をしてしまった場合でも、それ以上広がりにくいと言う性質を持っているので、比較的安心して着用することが可能です。つま先は靴などを履くことで常に圧迫されており、破れやすい部分でもあるため、この部分が補強されていると安心感があります。そのため仕事場などで常に靴を履き続ける場合などは非常に心強いものとなっているのがポイントです。

 

できるだけ快適に履くことができるものを選びたい

パンストは仕事などで毎日長時間履き続けると言うことが少なくありません。そのためできるだけ快適に履くことができるものを選びたいものです。素材によってはムレを生じたり、締め付け感が強すぎて気になってしまうことも多いため気をつけなければなりませんが、実際に長時間履いてみないとわからないと言うことも多いのが実態です。

ただし素材による履き心地や丈夫さの違いを事前に知識として知っておくと、選ぶ際に非常に参考になるほか、実際にこれまでよりも快適なものを選ぶことができる可能性が高まるため、非常に良い方法となっています。

最近ではパンストの素材にも様々なものが利用されているほか、その編み方にも様々な効果と配慮がなされている場合が少なくありません。足を美しく見せる効果だけでなく、様々な効果を持ったものが多数販売されているので、自分自身の目的に合わせて選ぶことが可能となっています。その点をよく理解して、自分にとって最適なものを選ぶことが大切になるのです。

➡️パンストの選び方と種類

 

まとめ

加えて、パンストを選ぶ際には様々なポイントを押さえておくと非常に選びやすくなることも知っておくと便利です。素材によってもその履き心地は大きく変わりますが、素材だけでなく履き方や選び方によってもこれが大きく変わることに注意をしなければなりません。

その使い方によって履き心地も大きく異なるので、単に素材の質感だけでなく、その効果を十分に意識することが必要で、これを意識しておくと快適に着こなすことができるようになります。