妊婦さんがパンストを着用する際の注意点

スカートをはくときにパンストを履くと脚がきれいに見えるし保温効果もあり、外出時やセレモニーの時など素足で行けないような場所に出かけるときは必要なものです。しかし、妊婦さんも履くことができるのでしょうか。

妊娠してもすぐにお腹が大きくなるわけではないので、通常通り履くことはできますが、パンストを履くと靴はどうしてもパンプスを選びがちになります。普段なら良いのですが、妊娠がわかればヒールの高い靴は避けた方が良いのです。

 

ローヒールかヒールのないパンプスを履くこと

初期の間は高いヒールで足をひねったりヒールの先が道路の段差や穴などに挟まって転倒することがあれば流産の恐れが出てきてしまうし、安定期に入れば胎児がどんどん大きくなりお腹も出てきて、そのお腹を支えるために歩き方も変わってくるので普段のようにハイヒールではうまく歩けずに、さらに転倒の可能性も高くなってしまいます。

お腹の赤ちゃんを守るためにはハイヒールのパンプスははかない方が良いので、パンストを履いたとしてもローヒール、またはヒールのないパンプスを履くようにしましょう。

中期以降、おなかが大きくなってくると普通のパンストではお腹が苦しくなってしまい、締め付けることになるのでその頃はもう履かない方が良いです。お腹を締め付けると、血液循環が悪くなって血圧が高くなりやすく、妊娠高血圧症候群になる可能性もあるので、締め付けは注意が必要です。

またショーツも同じことが言えますが、通気性の悪いナイロン製のものを履くとおりものが多くなって膣炎になりやすいという専門家の声があります。膣炎は流産や早産、破水を招く恐れがあるので、ナイロン製の下着やストッキングははかない方が良いのです。

➡️便利でオシャレ!ガーターストッキングのメリットや着こなし方

 

マタニティストッキングのメリット

妊婦さんにとってはこれらのような注意点がありますが、妊婦さんでもパンストが必要な時はあります。そんな時は、一体何を履けば良いのでしょうか。

実は専用のマタニティストッキングというものが市販されているので、赤ちゃんやマタニティ専用の店や衣料専門店などでの購入が勧められます。ストッキングだけでなく、マタニティタイツも販売されています。

マタニティストッキングのメリットは、何と言ってもお腹周りがゆったりとした設計になっていることです。お腹周りだけでなくお尻回りも大きくなってくるので、おなかやお尻がすっぽりと包めるように作られています。

メーカーによって異なりますが、普通のものと編み方を変えて伸縮性のある商品に仕上げているのです。種類は様々ですが、デザインやカラーは普通のものと同じようにシンプルなものもあれば華やかなものもあります。着用するシーンや服装に応じて、選ぶようにすると良いでしょう。

関連リンク:【楽天市場】マタニティ ストッキングの通販

 

マタニティストッキングの種類と選び方

機能的にも様々なものは販売されていて、脚の血液ややリンパの流れが滞ってむくみが出やすい人用に弾圧タイプのものがあります。

またお腹周りが蒸れないようにメッシュタイプのものがあれば、腹帯と同じように下からお腹を支えてくれるような仕組みに設計されているタイプのもの、UV効果のあるもの、静電気を防止するタイプやにおいや菌の予防効果のあるものなど、通常タイプのものと同じような機能に加えて妊婦にふさわしい機能が付いたマタニティストッキングが販売されているので、そのような専用のものを使用すると良いでしょう。

誰でも体を冷やすことは良くないのですが、妊婦は特に体を冷やさないようにすることが大切です。妊娠中に体を冷やすと、血管が収縮して血液の流れが悪くなり子宮にも血液が流れにくくなります。すると胎児への栄養がしっかりと届かなくなり、大きくなりにくい原因となってしまいます。

また子宮の血管が収縮するとお腹が収縮しやすくなり、流産や早産の可能性も高まります。さらにお腹が冷えると胃腸の調子も悪くなり、便秘や下痢を引き起こし、それが流産や早産のきっかけにもなるので、特に妊婦にとって冷えは禁物です。

 

冬場はストッキングよりもデニールの高いタイツがおすすめ

冷えを防止するためには、足元から暖かくしなければいけません。そのために夏でもマタニティストッキングを使用する方が良いのですが、寒くなってくるともっと温かいタイツの使用をお勧めします。

ストッキングと同じように、タイツにもお腹周りがゆったりしたマタニティ専用のものがあります。ストッキングやタイツは、編む糸の太さによって「デニール」という単位があります。25デニール以下のものはパンストで、それ以上のものはタイツといわれ、デニール数が大きくなるほど透け感がなくなりますが保温性が高くなります。

➡️パンストのデニールとは?履き心地と効果について

妊娠中は体を冷やさない方が良いので、できるだけストッキングよりもタイツの方を選んで履く方が良いでしょう。どうしても蒸れてしまう夏場にストッキングをはくときも、できるだけデニールの高いものを選ぶようにすることが大切です。

 

まとめ

蒸れが心配な場合は、蒸れにくいタイプのものを選ぶなどして、できるだけ足元もお腹もお尻回りも暖かく保つことが重要です。タイツでもデニールの弾くものなら透け感があり、厚手タイプになると透け感はなくなるけれど、温かいうえ足をきれいに見せてくれるタイプのものもたくさんあります。