パンストはOLさん必需品?着用する必要性について考える

パンストはOLさんにとって必需品かどうか、この疑問については必要性が高いと考えることができます。理由としては、会社で素足を見せるのはマナー違反という風潮で、必然的に着用が必要になることが挙げられます。

また会社によっては就業規則で決められていますから、着用しないわけにはいかないといえるでしょう。勿論、就業規則で素足が禁止されていなければ、生足の選択肢もあります。しかし日本の社会通念では、脚を晒すのはあまり良いこととは捉えられていない傾向です。

 

上の世代では生足に抵抗感がある

これは世代によりますが、特に上の世代では生足に抵抗感があるといえます。近年は、躊躇なく脚を晒す欧米の影響を受けて、日本でも生足で出勤する人が増えています。

欧米では、生足風に見せる目的でパンストを着用するくらいなら、脚を出した方が良いという考えがあります。ただ日本ではそういうわけにもいかず、素足はすっぴんと同じと捉える人も少なくないです。

着用義務があるかといえば、就業規則になければないですし、極論として法律にも違反しないわけです。つまり、マナーにおいて着用した方が無難というのが、OLさんの判断基準になると思われます。

➡️パンストと生足、どっちが好き?男性、女性それぞれの視点

 

パンストを着用せずに出社する若いOLは多い

若い世代では、元々素足を見せることに抵抗感がないのか、パンストを着用せずに出社する人が珍しくないです。伝線やヨレが発生したものを着用しているよりは、生足の方が見苦しくないとも判断できます。

男性の場合だと、未処理の脚はスネ毛が目立って見苦しいですが、剃ったり抜いていれば生足が駄目ともいえないでしょう。女性は比較的脚の毛が薄い傾向ですから、そのまま出して晒してもあまり見苦しくないです。要するに、出しても問題のない状態であれば、生足も不可能ではないと結論づけられます。

就職活動を思い浮かべてみると分かりますが、生足で面接を受ける女性はまずいないはずです。就業規則でOKだとしても、未着用のOLはだらしがない、マナーがなっていないと見られても仕方がないわけです。

オフィスでの仕事が主なので、あまり対外的な目を気にする必要はないといえますが、マナーに厳しい人のことを考えると、着用した方が余計なトラブルを生まずに済みます。

 

パンストを穿くのはOLさんのマナー

靴下を履かずに他所様のお宅に上がる、そうイメージしてみると、着用しない人がどのように見られているかが想像できます。実際はストッキングの代わりに靴下を着用しますが、それでも周りの人が抱く印象的には素足に限りなく近いです。

男性に置き換えてみると、ハーフパンツのスーツで靴下を履かずに出社するイメージです。夏場は涼しげで良いかもしれませんが、視界に素足がちらつくのは、あまり気持ちの良いものではないと考えられるでしょう。

お手入れが行き届いていて、晒しても恥ずかしくない生足なら、誰かに文句をいわれることはなくなります。ただし、フォーマルな場では、着用するのが基本中の基本のマナーですから、なるべく普段から履き慣れておくのが賢明です。結局のところ、OLさんのパンストの着用は、本人が判断して決めるものです。

 

生足に見えるパンストが存在する理由

生足に見えるパンストが存在するのは、それだけ素足を出したいOLさんがいることと、着用すべきと考える人が少なくないことを意味します。履かなくても仕事に支障はないですが、社内での人間関係を良好に保ちたいのであれば、必需品と捉える人のことも考慮する必要があるでしょう。

➡️オールスルータイプのパンストの魅力

若い世代は許容できても、30代以降となると生足姿に拒否感を覚える人が増えてきます。日本の夏は高温多湿ですから、いくら薄手で通気性が良いといっても、汗を掻くときになります。

脚は締めつけられて仕事中の意識になりますから、履かずに済むなら履きたくないという人もいます。プライベートで履かない人は少なくないですし、自室で着用する人はまずいないでしょう。

 

機能面でパンストの着用はオフィスでは効果的

改めてOLさんについて考えてみると、オフィスで主にデスクワークをして過ごします。顔を合わせるのは殆ど社内の人ですが、相手は男女を問わず年齢層も様々です。

また、オフィスは冷房で足元が冷えることが多く、座りっぱなしでむくむこともあります。パンストは下半身を覆うもので、脚を冷たい空気から守ったり、締めつけでむくみを防ぐ機能を併せ持ちます。

機能性という点に目を向けてみると、合理的な衣料品だといえますし、脚に悩みを抱えている人なら尚のこと着用を検討するのが得策です。当然ながら好みは人それぞれ違いますが、生地の厚みや光沢感に色など、選択肢は豊富なので好きなように選べます。

どうしても着用が嫌だというなら、パンツルックで脚を隠すのが良いでしょう。パンツルックでもストッキングは着用すべき、そのように考える人もいますが、膝下までのショートタイプなら、腰まで覆うタイプを着用しなくてもOKです。

 

まとめ

振り返ってみると、着用の可否は就業規則によるところが大きく、マナーによって着用の必要性が後押しされていることが分かります。世代によっては生足に抵抗感がなく、自分らしく過ごす欧米の価値観の流入もあって、若い人達はあまり着用しませんが、合理的に考えたり機能性を思えば着用が理想的です。