通気性がよく快適なパンティ部レスストッキングとは?

素肌のように足を綺麗に見せることができるパンストは、女性にとっては必需品と言えます。オフィスシーンや冠婚葬祭などのドレスコードのある場で着用するなど様々な場面で、パンストは着用されています。

また、履いた方が足の肌の色むらやキメをカバーして足が綺麗に見えるというだけではなく、紫外線対策としても役立ちます。近年では、紫外線量が増えてきていて顔や手などの露出する部分だけではなく、足の紫外線対策にも注目されています。年間を通じて紫外線対策を行うという女性にとっても、手放せないアイテムと言えます。

 

パンティ部レスストッキングとは?

しかし、中にはパンストが苦手という人もいます。パンストはどうしても暑い時などは、お尻まわりなどがムレてしまいやすくなります。それが嫌で、いつもパンツスタイルやロングスカートを着用しているという人もいます。

そんなムレを防ぐのが、パンティ部分をなくしたことで通気性をよくした「パンティ部レスストッキング」になります。イメージとしては、ガーターベルトを着用している感覚に近いアイテムです。

太もも丈のガーターストッキングは、ムレが苦手な女性でも使えるアイテムですが、たるんでしまう心配があります。それをガーターベルトで止めることで、たるませずにぴったり安定させられます。しかし、ガーターベルトは素材によっては肌に張り付いてしまい不快感を感じることもあります。

また、太ってしまうとガーターベルトは使えなくなってしまいます。そんな人におすすめなのが、パンティ部レスストッキングなのです。

➡️便利でオシャレ!ガーターストッキングのメリットや着こなし方

 

パンティ部レスストッキングのメリット

ムレる原因であるパンティ部を無くしてしまうことで、ムレによる不快感をなくなります。また、ガーターベルトを使用した時のように、パンティ部レスストッキングの上からショーツを履くことができるため、お手洗いの時にも楽というメリットがあり、パンストを上げ下げする面倒臭さがなくなります。

パンティ部をなくすことで、着脱時に爪に引っかかって伝線することや、穿きムラになってしまうという心配が軽減されています。ストッキング自体が伝染しにくい設計となっているのも、嬉しいポイントと言えます。

その他、UV加工となってることで、紫外線対策としても役立ちます。抗菌や防臭加工も施されているため、夏場のニオイが気になるという人にも向いています。

 

サイズ展開や色も豊富で着圧タイプなどもある

サイズ展開も豊富で色も、ブラックやヘーゼルブラウン、ヌーディーベージュなど様々な色を展開しているため、シチュエーションや足の肌色に合ったものを選ぶことが可能です。商品によっては、着圧して足を引き締めてくれるタイプもあります。

パンティ部レスストッキングの1番のメリットは、その着脱の楽さです。女性は、夏場ムレてしまうだけではなく、冬場は腹巻きパンツなどの重ね着をする冷え性の人もいます。そんな人がお手洗いに行くとそれだけでストレスになってしまったり、重ね着した状態で座っているとお尻の部分が窮屈になってしまうっこともあります。

中には締め付けが気になって長時間座ることが難しい人もいます。しかし、パンティ部がなくなっていればお手洗いがかなり楽になり、重ね着の量も少しではあるものの減ることでストレスも減らせます。

関連リンク:新定番!パンティ部レスストッキング!! | 福助 公式オンラインストア

 

出張などでパンストを穿きたい女性にもおすすめ

肌の弱い人の中には、ちょっとしたシャツや下着などの締め付けで痒みが出てしまうこともあります。しかし、通気性が良いこのアイテムであれば、痒みなども抑えられる効果なども期待できます。

ガーターベルトとは異なり、一体化しているためそのまま洗濯して乾燥し、収納しやすいというのも嬉しいポイントです。持ち運びしやすいため、出張や旅行の時にパンストを履きたいという女性にもおすすめなアイテムです。

太もも丈の方が見た目が良くはありますが、太もも丈のレースよりもしっかりしていて安心なのも初心者には使いやすい理由となっています。

 

必ずストッキングの上からショーツを履くこと

パンティ部レスストッキングは便利なアイテムですが、その特殊な形状から履くときには注意したい点があります。それは必ずストッキングの上から、ショーツを履くということです。

ショーツの下にストッキングを履くことで、トイレが楽になります。中には間違って、ストッキングの下にショーツを履いてしまう人もいますが、これではトイレの時に通常のストッキングと同じようになってしまうため注意します。

また、注意したいのが通常のものよりも比較的価格が高めになっているということです。安いパンティ部レスストッキングもありますが、その場合伝染しやすかったり、伸びがない、透明感があまり良くないなどのデメリットもあるため、値段だけで見て購入するのは避ける方が無難です。

 

まとめ

パンティ部がなくなっているストッキングだからこそ、暑い夏でも一日中快適に過ごすことができます。生理中などの女性ならではの時期でも、快適に過ごすことができるためいくつか持っておくと便利です。実用性が高いものだけではなく色々なデザインがあるため、自分の気に入ったものを探せます。