パンストの伝線の防ぎ方と伝線したときの対処法

制服に袖を通す時やフォーマルな場に出席する場合に限らず私服においても活躍してくれるのがパンストであり、足をますます美しく見せてくれるからこそ女性にとって欠かせない物です。

ビジネスシーンとプライベートシーンのどちらでも使用する機会が多いからこそ、着用中に伝線してしまう事は珍しくないですが、デリケートな素材で生成されているが故に新品をパッケージから出して足を通した途端に穴が空いてしまう事も珍しくありません。

そのようなパンストは履き方を意識するだけで著しく破れてしまう可能性を低くさせる事ができますし、たとえ外出先で破れてしまったとしてもいつも身近にある物ですぐに対処する事ができます。

 

自身の身体の大きさに合っているサイズ選びをする

パンストに生じる伝線を予め予防したい時に大切なのは自身の身体の大きさに合っているサイズ選びをする事なので、製品選びをする時に参考にするヒップのサイズと身長を今一度確認するようにしましょう。

自らのヒップのサイズと身長を判断材料としながら最も合っているサイズを選ぶ選ぶ様子になりますが、身体の大きさが展開されているサイズの中間に位置しているのであれば大きめを選ぶと予防に繋がります。

自身のヒップのサイズや身長のサイズに適するサイズ選びをした製品を着用する時には、履き方についても意識すると新品に穴を開けてしまう可能性が低くさせられます。

➡️パンストの選び方と種類

 

正しいパンストの履き方で伝線を予防する

履き方で大切なのはズボンを穿く時のように腰の部分を両手で持って引き上げるようにするのではなく、片方の生地をつま先までたくし上げてからつま先を入れていく事です。もう一方もつま先までたくし上げてからつま先を入れて、その後は膝の辺りまで左右を交互にたくし上げていきます。

生地が膝よりも上の位置になったら一度立ち上がって太ももも左右交互にたくし上げていき、最後は臀部の全体がしっかりとカバーされるように履けば着用時に伝線してしまう事はありません。

臀部に生地をフィットさせてウエストゴムを腰の辺りまで引き上げた後は、一度つま先から臀部に至るまで生地で覆われている部分を全体的に見渡し、色むらなどが発生していれば表面から手で撫でて解消してあげると均一な色合いになります。

このような正しい履き方をしているのにも関わらず相変わらず着用時に伝線してしまう時は、手や足にささくれなどが生じている事例が多いので、手や足の隅々までスキンケアを施したり着用時に手袋を使用すると良いです。

 

洗い方によってもその後破れてしまう可能性が高まる

また、履いて間もない時には穴が空く事はないもののしばらくの間歩いていると穴が空いてしまう方は、履き物や足の形状が関係しているため、パンストを履いた状態でフットカバーを用いると摩擦などにより破れてしまう事が防げます。

そして、着用した後はしっかりと洗って皮脂や汗などを取り除いておかなければ少しずつ生地が変化して伝線しやすくなってしまうので使用後には入念に洗う事が欠かせないものの、洗い方によってもその後破れてしまう可能性が高まるため洗い方も意識するようにしましょう。

最も良いのは、洗面器にパンストが全体的に浸るほどのぬるま湯を貯めて泡立てた洗剤を用いて10回押し洗いをするという手洗いですが、毎回1つずつ手洗いをする余裕が無く洗濯機を使用したいのなら洗濯ネットを使用しつつ洗うようにすると良いです。

➡️パンストの上手な洗濯方法

 

マニキュアにおけるトップコートを使用すると対処できる

パンストを着用中に伝線してしまった上に取り替えられる新品も持ち合わせていない時には、女性の手元を美しく彩るマニキュアにおけるトップコートを使用すると対処できます。

穴が空いている事に気が付いた時、できるだけ動かないようにしつつ生じている穴の部分にトップコートを塗布すると、現状よりも穴の大きさが広がらなくなります。

トップコートを使用する時にポイントになるのはできるだけ広めに塗布していく事と、着用したまま塗布するのではなく一度脱いだ上で塗っていく事です。

同じく生じた穴が現状よりも広がってしまう事を防いでくれる物として挙げられるのが、ヘアセットを行う時に吹きかけるとセットしたヘアスタイルのまま長時間にわたりキープしてくれるヘアスプレーです。

ヘアセットに用いるという特性から、軽く一吹きするだけで生じている穴を含めて広い範囲に成分が行き渡り迅速性に優れています。

 

まとめ

さらに、外出中に日頃から持ち歩いている方が多い物の中で対処をしたい時に活躍してくれるのが靴下がずり落ちないようにしてくれる商品です。

靴下をずり落ちないようにしてくれる製品は、日常的に靴下を着用する機会が多い方であれば持ち物の中に常に入っている事が多いため、自身が持ち合わせていない時には周囲の方に声を掛けてみると貸してもらいやすいです。

使用する時には破れている所に入念に塗布していく事が重要であるのと共に、円を描く様子で手を動かしていく事が大事です円を描く様子で手を動かしていくと成分が繊維の深い所まで入り込むようになるため、現状よりも破けないようにしつつ目立たないようにもしてくれます。