結婚式に参加するときのパンストのマナー

パンストは、足元のおしゃれに欠かせないファッションアイテムです。そのためカラーやデザインなどさまざまなタイプが市販されていて、気分に合わせて選んでいるかもしれません。

しかし大人の女性なら守りたいTPOが存在しており、場にそぐわないカラーやデザインを選ぶとマナー違反と見られることもあります。センスが良いお洋服を着ていても足元がマナー違反だとそれだけで残念な女性になるので、TPOはわきまえて選ぶようにしてください。

 

結婚式では黒のパンストはマナー違反

TPOを最も考えたいのは、さまざまな世代や立場の人々が集まる冠婚葬祭です。冠婚葬祭でのマナーは厳しい目で見られますから、特に気をつけましょう。

具体的に結婚式では、黒のカラーはマナー違反です。フォーマルな場所では素足に近い肌色や肌色に近いベージュが基本とされていて、それ以外はTPOに反しているとされてきました。

しかし近年の結婚式では肌色やベージュ以外のカラーを履く女性も増えてきており、派手すぎなければそれほど厳しい目で見られません。マナーは時代とともに移り変わっていくものなので、その時々に合わせて考える必要もあります。ですが肌色やベージュを選んでおくのが無難なのも事実なので、特別な事情がなければ基本のマナーを守るのが良いでしょう。

ちなみに結婚式以外では黒が正解である場面もあって、それはお通夜やお葬式です。結婚式などのフォーマルなおめでたい場所では黒は絶対にNGなので、履くのは避けるべきでしょう。

➡️葬儀におけるストッキングの選び方とマナー

 

肌色のパンストを選んでおけばOK

基本的に肌色のパンストを選んでおけば、マナー違反に見られません。特にゲストをお迎えする立場の親族や祝辞を述べる機会が多い上司の場合は、TPOを守るのは当たり前です。もちろんゲストとして参加する場合も、TPOは守らなければいけません。

マナー違反のファッションをしていると、新郎新婦に恥をかかせておめでたい場を台無しにしてしまいますから、ゲストとして参加するときも肌色やベージュを選ぶべきとされています。特に格式の高い神前式やホテル結婚式の場合は、足元まで気を遣ったフォーマルな装いが大切です。

参加するときの立場が親族や上司、または格式張った会場でない場合はマナーはもう少し緩くなります。結婚式に参加するときの基本である肌色は守りつつも、おしゃれなデザインのパンストを選んでも問題ありません。

 

小さなラメが入ったパンストなどはおすすめ

肌色だとおしゃれは楽しめないと思いがちですが、小さなラメが入ったものなどはおすすめです。大きなラメがキラキラしているものはカジュアルな場所や立場でも避けるべきですが、少しなら華やかさがプラスされ結婚式にもピッタリでしょう。

またラメとともに派手すぎないワンポイントが入っているものも、カジュアルな場合はおすすめです。足元にワンポイント入っているだけで豪華に見えるので、これも結婚式には適しています。

花嫁よりも目立ってしまう派手なカラーやデザインは人目を引くのでダメですが、さりげないおしゃれなら許容されています。シックな装いなら黒もアリかと思われがちですが、やはり黒はお通夜やお葬式のイメージが強くおめでたい結婚式には合いません。

もちろん黒でも気にしない人もいますが、結婚式は世代を超えて参加する場所なので黒は避けるべきでしょう。ラメやデザインが入ったものも黒はNGなので、基本の肌色かベージュは守るようにしてください。

 

厚手のタイツは肌色やベージュでもNG

気温の低い冬場なら、寒いのでパンストより厚手のタイツを履きたくなるかもしれません。反対に夏場は暑苦しく感じて、履かずに素足で参加したい場合もあるでしょう。足元が寒いと体全体が冷えてしまいますし、暑いと蒸れてしまうので季節に合わせて変えたくなるのも仕方がないかもしれません。

実際に冬場はタイツを履いて結婚式に参列している女性も多いので、マナー違反には当たらないと思いがちです。ですがフォーマルな装いおいでは、素肌に近い薄手のものほど上品だとされています。

その観点からすると厚手のタイツは肌色やベージュでもNGとなるので、冬でも履いてはいけません。デニール数が30を超えるとタイツに分類されますから、それ以下のものを選ぶようにしましょう。

➡️パンストとタイツの違い

 

素足は完全なマナー違反

素肌に近いものが上品でフォーマルなら、素足はOKだと思うかもしれません。しかし素足は完全なマナー違反で、どんなに気温が高くて暑い一日でも結婚式にはパンストを履かなければいけません。フォーマルなシーンでは必ず着用するものなので、暑くても必ず履くようにしてください。

このように結婚式では肌色が絶対とされていますが、少しでも足を細く見せたいや傷があって隠したいなど、さまざまな理由から嫌な女性も多いでしょう。そのような場合は足を隠せるミディ丈のドレスを選んだり、少しヒールの高いパンプスを選んだりするのがおすすめです。

 

まとめ

肌色のパンストを履きつつも足元を隠したり細く見せたりはできるので、ドレスのシルエットやカラーを工夫しながら、TPOにあった服装にしましょう。